<< 【U10:3年生】第21回横浜FCフレンドリー杯 | main | 川崎ハロウィン >>
11月16日(水)個人レッスン、家庭教師

本日の個人レッスンは磯子区在住のJ君、神奈川区在住のK君と行いました。

2人共お兄さんが選抜チームの卒業生でお兄さんと磯部コーチはU12で関わりがあり、その際いつもお兄さんの活動場所へついてきて一緒に遊んでいたのを覚えています。
2人がトレーニング前にネットに向かって強いキックを蹴っている姿を見て、とても成長したなぁと感心しながら見ていました!

J君はU8で日曜日に関わっているので何も違和感なくスタートできましたがK君は久しぶりだったということもあり少し緊張していたね!
まずはフィジカルトレーニング!
2人共、学年の平均値と比べるとかなりいい数値を出せていたと思います。
J君の方がはやくボールを使った練習をしたいと言ってくれていましたがサッカーではボールを扱う技術と同じくらい走ることも必要となります。
※試合の中ではボールを触っている時間よりもボールに触れていない時間の方が多い
2人共、現時点ではかなりいいフィジカル力があるのでコーチが伝えた重心を低くしながらステップワークを意識することを頭に入れながら現状に満足せずこれからも取り組んでいこう!

次にラダ−トレーニング!
足の運び方、ステップワークに関してはしっかりと理解できていました。
後は常にどんなメニューでも体の中心がぶれないように、腕を振り、ももを上げながらおへそを真っ直ぐ向けることを意識してやれるともっと効果的なトレーニングとなります。
ラダ−トレーニングをやると細かい動き、クイックネスが上がりフィジカル測定でやったメニューの記録もあがります。
ただこなすのではなく今日やったように体の動かし方を意識しながらやれるといいね!

ここからはボールを使ったメニュー!
まずは基礎練習を行いました。
2人でやったのはインサイド、インステップ、ももトラップ!
まず意識するのはインパクトの際に足を固定し相手に面を向けること!
足がブラブラしていると真っ直ぐ蹴り返すことができません。
また、どんなボールにも対応できるようにベタ足にならず、少し足を動かすことも意識しよう!
インサイド、インステップは左右両足共に上手でした。
2人がやるべきことは更に正確性を高めることです。
そのために同じことの繰り返しとなり面白くないかもしれないことにも意欲的に取り組むことが必要です。
最後にももトラップ!
インサイド、インステップと違うのは一回止めてから下に落とさず蹴らなくてはいけないので難易度は少し高いよね。
リフティングで上に高く蹴りながら行うのと膝の高さくらいで行うのではどちらが次のキックが蹴りやすいか!
高すぎると次のインパクトが難しいよね。
なのでももトラップも高く上げずボールをトラップする瞬間にももを引きながらクッションのように止めて蹴り返す!
コツを忘れないようにね。

2人でパス交換も行いました。
止めて蹴る!
サッカーにおいて基本中の基本だね!
足を固定し軸足と面を相手に向ける。
トラップは上から下へ落とすように止めてボールが跳ねないように次に蹴りやすい場所へと止める!
2人共集中しているときは質の高いボールを蹴り止めることができていましたが集中力が切れてしまっている時もあったね!
上にも書きましたが意欲的に継続してトレーニングできる時間の長さを増やすことができるようにメンタルの面も向上していこう!

ここからは対人トレーニング!
まずはボールキープ!
攻撃側は遠い足でボールを扱い、重心を低くして踏ん張りながら体全体と腕を使ってボールをキープ!
守備側も重心を低くしながら体を寄せて股下からボールをつつきながら隙をみて[横]から体を入れる!
低学年生にしてはかなり激しいボディーコンタクトが多く、見ていて面白かったです。
サッカーは激しいスポーツなのでこの部分も忘れずにね。

最後は1対1!
10メートルの正方形の中での勝負!
攻撃側はボールを動かし揺さぶりながら相手の逆をつくこと!
守備側は飛び込まず我慢しながら体を入れる、アタックできるチャンスを伺うこと!
K君は攻撃時の間合い、J君は守備時の間合いと寄せるスピードとそれぞれ良さがありました。
逆にK君は守備の基本、J君は攻撃時の工夫に改善する余地があるなとも思います。
練習、試合で数多く1対1を繰り返していく中で培われていくものでもあるのでこれからも頑張っていこう!

昔の2人を知っているコーチは今回のトレーニングで2人のサッカーを一生懸命頑張っている姿を見ることができて嬉しかったです。
2人共いいものをもっているのでいいところを伸ばしながら苦手なことへも努力できるプレイヤーになってくれることを願っています!

 

カテゴリ:磯部孝明先生 | 16:37 | - | - | - | - |